日本2018年
今年8月エマニュエル・クリスチャン(ピアノ)と来日します。今回のリサイタルプログラムは密度の濃い内容でモーツァルトソナタ(ホ短調)、ベートーヴェンソナタ第7番、サン・サーンスソナタ第1番、そしてラヴェルのツィガーヌ。滞在中東京にてヴァイオリンのアンコール曲集のCDも録音します。デュオでの来日は2016年5月以来なのでとても楽しみです。いつも来てくださるファンの方々にまたお会いすることと、新しい方々にも聴いていただけたらと心から願っています。
最近のニュース
2016年5月の終わりからストラスブール・フィルのコンサートマスターのひとりとして、2016年9月からストラスブール音楽アカデミーとコンセルヴァトワールで室内楽とヴァイオリン教授として新たな人生を過ごしています。今年のコンサートマスターでの経験のハイライトは2018年2月にシュトラウスのツァラトゥストラと3月・4月に行われた日本のオペラ「金閣寺」でした。2月のメッシアン・ラヴェル・シュトラウス(ツァラトゥストラ)のライブ演奏のビデオは8月7日までArte Concertのサイトで観ることができます。https://www.arte.tv/fr/videos/080776-000-A/pierre-laurent-aimard-joue-ravel/

アンサンブル・モンソロのピアノカルテット初CDは2014年12月に日本でリリースされました。ショーソンとマーラーのピアノカルテットを東京にて2014年6月7日に録音したものです。メンバーはエマニュエル・クリスチャン(ピアノ)、シルヴァン・デュランテル(ヴィオラ)、ジュリアン・ラジニアック(チェロ)と私です。お店でもオンラインでもご購入できます。
ご興味のある方は是非聴いてみていただけたら嬉しいです。よろしくお願い致します。
http://www.kinginternational.co.jp/classics/kkc-037/
ヴァイオリンとピアノのデュオCD

『イザイ6つの無伴奏ヴァイオリンソナタ』のCDに続き、『イザイに捧げられた曲集』("Pour Ysaye")、フランコ・ベルギー派の3人の作曲家(ロパーツ、ショーソン、ルクー)の作品をエマニュエル・クリスチャンと2012年に録音したこのCDは現在フランスでも日本でもCDショップでお求めいただけます。

オンラインではAmazonやiTunesでご購入可能です。

ラベル:ポリムニー Polymnie France. 

ボックスをクリックすると続きを見ることができます。